昨日は、バイクの埃と汚れを洗い流そうと洗車場に向かう途中で・・・

 

Uターンしようと、道路脇の空き地に入り、一旦停止־

 

 

ハンドルを目一杯、左に切って、空き地内でUターンしようとしたその時・・・

 

着地した左足が、 「ズルっ」と・・・

 

その空き地は、アスファルトなのだがジャリというか砂が、いい按配に、うっすらと表面を覆いかぶさっており、滑りやすい状態

 

でも、こんなことは、よくある事

普通に信号待ちで停車した時でも、「ズルっ」とくることはある。

 

身長186cm 尚且つ、今までジーパン買っても裾を切った事は無く、既製品のスーツを買うと、裾の長さが足りなくて、ダブルには出来ませんよ。と言われる事が自慢の「足長おじさん」

 

両足で仁王立ちのように踏ん張って、体勢を立て直そうとしたのだが・・・

 

滑りやすい路面にて、 「踏ん張りが効かない」

 

更に、ハンドルを目一杯切っていた事で、 「立て直しづらい」

 

そのまま、スローモーションのように、車体は左側に傾き・・・

 

 

ところが・・・

 

 

 

倒れてはいない礭

いや・・・倒れているのかも知れないが、車体は地面についていない。

 

何度か踏ん張り直そうとした左足が「サイドスタンドの役割を果たし」というか、バイクと地面の間に挟まって、かろうじて車体は地面についていない。

 

 

左足は、スゲ~痛てぇ~けど、ここで、やっと考える時間ができた

 

 

新車で購入して1年半、走行中の転倒はもちろん、立ちゴケも、地面に寝そべらせた事も、今まで一度も無い「生娘・箱入り娘の我がスカブちゃんޥ

 

選択肢は2つ

1 車体を少し浮かし、左足を外せばなんてことないのだが、間違いなく転倒、車体は地面に寝そべることになる。

2 このまま、根性で車体を起こす(だけど、左足が痛~い)、いやいや、その前に起こせるかどうかわからないが・・・

 

 

チョット迷ったが・・・・・・・

 

 

 

「気合と根性」 

更には「火事場の馬鹿力」が働いたのかも知れない

 

左足のつま先は、身体の方向とは全く違う、とんでもない方向を向いていたのに、どうのような体勢で立ち直らせたのかあまり記憶に無いのだが・・・

 

バイクを起こす事が出来た礭

 

だけど、左足が痛てぇ~㤭Ф

 

根性ついでに左足を引きずりながらも、きちんと洗車も済まし・・・

!cid_01@110517_020341@______F07B@docomo_ne.jpg

 

だけど・・・

 

どんどん痛みは増していく

 

 

家に帰ってみると、左の靴が脱げないå

 

左足首から甲の部分までがパンパンに腫れあがり、内・外両側の「くるぶし」がわからない状態になっている。

 

気合と根性の証

F1000695.jpg

ふくろはぎは、悪戦苦闘してバイクを立ち直らせた際に、ステップ部分に当たり、サイドスタンドの支柱となった部分。今は青紫に変色しているが痛みはほとんど無い。

くるぶしの部分は、さすがにオヤジの汚い足は見苦しいので・・・

その他、どういう訳か?両腕の「二の腕」の部分と、背中の肩甲骨の部分が、筋肉痛のように痛くなっている。

かなり変な体勢で、訳わからん筋肉を使ったのだろうか・・・

 

 

 

よくよく考えてみると、あの状態なら素直に左足を抜いて、バイクを寝そべらすことになっても、車体にキズはつかなかったのかも知れないが・・・

 

変なところで「意地と気合と根性」出してしまったܤ

 

 

ポチっとお願いします⇒おやじ.gif

 

 

 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lark744sukabutooyaji.blog.fc2.com/tb.php/151-1ae41fb0