ちょっと前に「ガイヤの夜明け」か「カンブリア宮殿」で、アサヒビールの復活みたいな特集の中で、スーパードライの新しいビールの飲み方なんて感じで「エキストラコールド」」というのを番組の中で紹介していた。

 

それから数週間・・・・・・

 

なんか、アサヒビールが銀座に期間限定でオープンしている「エキストラコールドBAR」が、2時間待ちなんて噂を耳にした。

 

これは、一度話のタネに行ってみないと・・・・・思っていたら、

 

会社(豊洲)の近くにも、飲める居酒屋さんがありました

 

で早速、会社帰りに3人で寄ってみました。

P1000068.jpg

店員さんに、

「これって、何℃に冷やしてあるんですか?」と尋ねると、

ビールサーバーの近くに温度計みたいなものが置いてあり、

「今、マイナス1,9℃になってますね!」

「でも、中身は普通のスーパードライですから、ぬるくなっちゃうと・・・・」との事。

 

まずは最初の1杯・・・・

見た目は普通の生ビール

キンキンに冷えている気もするが、なにがどう違うの

(ちなみに1杯600円、普通のスーパードライは550円)

 

一気に一杯目を飲み干し、

 

2杯目は・・・・

K・Uさん「俺は普通の方でいいや50円の違いがわからん!!

K・Oさん「俺も普通のスーパードライで

俺「じゃあ、俺はもう1杯飲んでみる一緒に飲み比べてみないと・・・」

すると、

K・Oさん「まさか俺たちのスーパードライの方を意図的にぬるくして出してこないだろうなエキストラコールドの方を惹き立てる為に・・・・・」

なんて笑っているところに2杯目到着。

 

 

「あれスーパードライの方はジョッキじゃん!!

エキストラコールドの方は大きめのグラスですけど、ジョッキの方が量は多いような気が・・・

P1000069.jpg

(左がエキストラゴールド)

 

見比べてみると、やはりチョット違いがわかる。

泡が全然違ってました

きめが細かくホントにクリームみたいになってました。そして、泡とビールの境目のところが、かすかにシャーベット状になっている感じでした。

 

が、やっぱり味はあんまり違いなんてわかりません。

俺の五感が鈍いのかも知れないが・・・・・・・・

 

まあ、今回は話のタネということで・・・・・・・

 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lark744sukabutooyaji.blog.fc2.com/tb.php/17-c39a8fd0