遂に・・・とうとう・・・やっと・・・

 

H設計さんにて「ハイプリ」「ウエイトローラー」交換してきました礭

 P1000269.JPG

 P1000270.JPG

以下、メカ音痴、知識も経験も何も無い、私の感覚ですが・・・

 

1・・・まずは24グラムで試乗

速い、加速が今までと、全然違う。軽い感じ礭

Hさんより、「感覚を忘れないうちに、別の重さで感じてね」と、素早く交換してくれ、

 

2・・・次に25グラム

これも、今までと比べると充分速い。

トルク感って言うのかな?24グラムより強く感じるかなå

 

3・・・最後に23グラム

軽い!完全にアクセルと一体感。

但し、回転数が高く、6000~7000回転で回りっぱなしって感じでうるさいかな

 

先日のマフラーノーマル化の時に、事前データを持ち合わせていなかった事を反省し、H設計さんに行く途中の湾岸で、「〇〇kmの時は、〇〇回転」 フルスロットルでスタートした場合、「〇〇回転で一旦、回転数が〇〇回転まで落ちて、その後は〇〇回転まで上がり」等々を、頭の中に言い聞かせていたつもりが・・・

 

 

最初の24グラムに試乗した段階で・・・すっ飛んでしまいましたۤ

(学習効果が無いのか?単純に頭が老化現象に向かっているのか?なんとも情けない話です)

 

 

 

 

 

3パターンを試乗して、結論は・・・

 

なにがなんだかわかりません

 

老化が進んだ頭の中は「パニック状態」

 

 

全部良いんですどれでも良いんです!!

 

 

 

パニックになった頭の中で、記憶として残っているのは・・・

 

 

最初に試乗した24グラムが衝撃的だった為、一番印象に残っている。

試乗コースの自衛隊脇の直線コースで、一旦止まりフルスロットルでスタートし、コーラの自動販売機をひとつの目印にしたのだが、〇〇〇kmに達するのに、25グラムと23グラムでは、10数メートルの差があった。当然23グラムの方が速かった。

今までは、フルスロットルでスタートすると、一旦、回転数が1000回転くらい落ちて、また上がり始めたが、23グラムは、その下がる回転数が少なく、大袈裟にいうと、ほとんど下がらずに、7000、8000と上がって行く感じ。

 

 

 

もう、なんでもいいや

 

 

24グラムにしようと思ったが、へそ曲がりな性格が飛び出て・・・

 P1000278.JPG

23グラムと24グラムにしちゃいましたޥ

 

 

 

 

そして帰り道・・・「船橋のららぽーと~浦安までの湾岸」

 

 

またもや・・・「アスカ流・ちゃあ~んす」

 P1000280.JPG

確かに、バカかも知れませんがޥ

 

 

信号待ちの先頭には、Myスカブと、同じくスカブ、フォルツァの3台が・・・

スカブ君は、エンジンをブンブン吹かし、マフラーから良い音出してます。

 

 

過去に、同じような場面では、ことごとく「惨敗」

 

 

 

それ以来・・・

 

 

 

「オジサンはね、君たちとは違うの

「交通ルールを守り、健全にバイクを愛し、楽しんでいるのよ!!

と、敢えて勝負を避けてきました。

 

 

しかし・・・

 

 P1000281.JPG

シンジも言ってます(ハイ、今日は逃げません)

 

 

 

スカブ君とフォルツァ君は、信号が青に変わる直前に・・・

フライング気味に、一気に全開でスタートå

 

 

自分は半歩遅れてスタートしたが・・・

 

 

 

 

「圧勝です」・・・スカブに乗って初めての優越感(感涙)

 

 

 

 

 

次の次の信号で、また3台が先頭に並びました。

 

 

 

 

「不戦勝です」・・・うっうう~涙涙の物語っす㤭Ф

 

 

2台とも、あきらめたのか?アクセル全開にせず挑戦してきません。

(我ながら大人げないが・・・)

 

 

 

H設計さんより、「帰り道の湾岸ならもっと体感できますよ」と言われていたが・・・

 

「ヤバイääヤバイää」・・・「顔が」

ダメだ・・・顔がニヤついてしまう ܤϡ

湾岸を気持ちよく走りながら、自然とニヤけた顔になっちゃいますܤϡ

 

 

H設計さん、そして色々とアドバイスして頂きました皆様・・・

 P1000282.JPG

ありがとうございました<m(__)m>

 

 

ポチっとお願いします・・・おやじ.gif 

 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lark744sukabutooyaji.blog.fc2.com/tb.php/176-80ebce97