ヘロヘロの羽黒山を後にし、一般道を走って「湯殿山」へ向かうと・・・

 

ふっふっふっ・・・道の駅があ~るじゃあ~りませんかޥ

 P1010407.JPG

道の駅「月山」・・・なんだか、ワイン工場やそば打ち道場、なぜか分からないがアマゾンの博物館みたいなのがあり、チョット道の駅って感じじゃないようなところです

 

先程の羽黒山頂ではヘロヘロで食べられなかった・・・

 P1010405.JPG

お約束のソフトクリーム「山ブドウ味」

 

 

湯殿山はもうすぐですå

 

 

ところが、今度は「月山ダム」なんて看板が・・・

 P1010411.JPG

 P1010408.JPG

またまた寄り道ޥ

 

 

そして・・・遂に到着しましたå言わず語らずの「湯殿山」礭

 P1010425.JPG

マイカーでは、この大鳥居が有る「湯殿山神社参籠所」までとなっており、ここから更に「徒歩」か「バス」で、進むことになります。歩くと約30分とのことなので、今度は迷わずバスに乗り込むことに・・・

 P1010417.JPG

ぐんぐんとバスは山道を登り・・・

 P1010416.JPG

先程の大鳥居がこんなに小さく・・・

 

 

そして・・・

 P1010413.JPG

ここから更に、参道を進むのですが・・・ 

 P1010414.JPG

神域・霊場という事で、ここからは「撮影禁止」

 

実はこの「湯殿山神社」には、社殿というか、本殿というか建物が無いんです

何故なのかわかんないけど、有るのは「茶褐色の大きな岩」

これが「御神体」というものらしいですが、・・・

 

 

まずは靴を脱いで、裸足になって、お祓いを受けますå

 

そこで、小さなお守りと人型の紙をもらい、その紙で体の悪いところや直したいところをさすります。(自分は頭悪いので頭を重点的に・・・ۤ

 

その人型の紙は脇にある川に流します。

 

そして、御神体へと進みますが、ツルツル滑り、地面は冷たいし・・・

ところが御神体の大きな茶褐色の岩には、温泉が湧き出ており・・・

岩の大部分を覆いかぶさるように温泉が流れていて・・・

 

 

熱っちちちちち・・・

もしかして、この熱い温泉を歩くのも修行

 

 

そして御神体である大きな岩を登り、周りをぐるりと一周し・・・

 

最後は、御神体から湧き出ている足湯に浸かり・・・

 

更に、普通なら俺の場合、まずやらないのだが・・・

 

ろうそくや供養するためのものを頂き(お金払いますが・・・)、自分と嫁さん、両家の御先祖様へのご供養までやってしまいました。

 

「おお~神様」

いい加減で、おちゃらけな自分でも、今回ばかりは、かなり神妙に・・・

 

とても不思議な、貴重な体験をさせて頂きました。

 

「う~~~ん、山形、恐るべし」ޥ

出羽三山、そして湯殿山・・・すごい

 

 

実はこの時点で、既に時間は夕方4時過ぎۤ

チョット寄り道しすぎちゃいましたå

 

結局、月山には行けず・・・

 

昼食も抜きで、またまた断食ツアーと文句は言われるし・・・

 

最後は「道の駅にしかわ」に寄り込むと・・・

 P1010427.JPG

ソフトは・・・なんの味か、すっかり忘れちゃた

 

そして、月山地ビールのビアホールみたいな造りのレストランが、結構お上品でその辺のレストランより良さそうな感じ

お客さんも観光客では無く、地元と思える人が結構入ってます。

 

 

それならばと・・・

 P1010430.JPG

俺は「月山豚のメンチかつ定食」・・・ジューシーで旨しå

 

 P1010429.JPG

娘は「月山豚のカツカレー」

 

 P1010428.JPG

息子は「月山豚のソースカツ重」

 

 P1010431.JPG

嫁さんは「スペシャルメニュー」何だったか忘れちゃったä١

地産地消のメニューで「アケビの〇〇と、いも煮」がメインだったような気が・・・

それ以外にも豊富な種類と値段で、道の駅内の食事処では上位かも

 

ここからは、高速一直線å

自宅到着は、日付変わって夜中の2時過ぎۤ

走行2000km超の弾丸・ロングドライブでしたå

 

ポチっとお願いします⇒おやじ.gif

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lark744sukabutooyaji.blog.fc2.com/tb.php/251-69726082