土曜のラーメンフェスの時から、チョット身体に違和感が・・・

咳は出るし、頭痛もする。

 

 

そして、日曜日・・・・・

 

 

朝からだるい。チョット熱っぽい気が・・・

おかしいな?と思いながら、近所の明海大学の学園祭に行ってみたものの・・・

P1000687.JPG

ところが、やっぱおかしい?寒気がする。

 

 

 

結局、すぐに自宅に帰り、熱を計ったら、 「37,8℃」

 

「ありゃりゃ・・・風邪かよと思い、横になっておとなしくしていた。

(さすがに、この歳になると微熱程度でも、関節の節々は痛くなるし・・・)

 

 

そして月曜日・・・・朝

 

 

毛布に掛け布団2枚の重装備でも寒い。体中が痛く起き上がれない。

熱を計ったら、 「39,5℃」

 

「おいおい、マジかよ!!仕方なく会社を休むことに・・・・

 

 

 

ところが、一向に熱が下がる気配無く、逆にどんどん上がり、

お昼過ぎには、遂に 「41,2℃」

 

「こりゃ、ダメだ医者行こう!!と病院へ・・・

 

 

受付「今日は、どうされました?」

「風邪だと思うんですが・・・熱が40℃くらい出ちゃいまして・・・」

受付「それでは、熱を計ってくださいね」

病院で計ると、 「39,5℃」になっていた。

 

 

体温計を返すと、受付のお姉さんが

「辛くないですか?寒くないですか?」

「チョット待ち時間かかりますので、横になって待っていますか?」

との暖かいお言葉が・・・・

 

とても椅子に座って、待っている程の気力も無く、お言葉に甘え、お願いすると、別室には大きめなフカフカの電動リクライニングソファが3台と毛布が用意されていた。

 

「おおっ!さすがに高熱が出ていると待遇が違うじゃんか!」

 

最近は病院と言ったって、一種のサービス業である。このくらいのサービスというか、顧客のニーズを掴まないとやっていけないよな・・・と思いながら、診察を待つ。

 

 

そして、診察。(自分と同じ歳位の女医さんでした)

 

簡単な問診の途中で、

 

「う~ん、チョットまずいかな?インフルエンザの検査してみましょうね」

 

 

 

で、結果は・・・・

 

 

 

『〇〇さん、

  今シーズン、うちの病院で第一号ですよ』

 

との有り難い?お言葉が・・・

 

 

自分の記憶では、初めてのインフルエンザで過去にかかった記憶は無い(うちの家族もインフルになったことは無いはず)だが、まさか流行になる前に、自分がかかるとは・・・

 

 

 

「タミフル」効果、恐るべし!!

F1000112.jpg

夕飯に雑炊を作ってもらい、早速、タミフルと解熱剤を飲んで寝たら、夜中、布団にまで跡が残るほどに、汗が噴き出し・・・

 

 

火曜日(今朝)は、 「37,5℃」まで下がった。

たった1回の服用でここまで熱が下がるとは・・・

 

 

「う~ん!タミフルと解熱剤は効くなぁ~!」

 

 

まだ、腰や関節の痛みは残るが、だいぶ身体は楽になった。

 

 

いやはや、今回はインフルエンザで、流行の最先端を走ってしまいました。

 

おやじ.gif

 

 



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://lark744sukabutooyaji.blog.fc2.com/tb.php/53-4ec25823